株価支援材料に強くなる

知っておきたい株式投資に有効なキーワード

チタン



  スポンサードリンク


北浜の投資直言
■黄金波動に乗ろう。

■特別メッセージ、ここからの対処法

北浜のライブドア「資金倍増」Blog

北浜の楽天「資金倍増・株愛ブログ」

北浜の楽天「資金倍増・北浜コミュニティ

北浜のアメーバ「格差社会が何だ」ブログ

北浜のヤフー「日経225ETF」Blog

北浜のとれまがブログ「株リッチ魂」

集客力最高記録を持つ
北浜の講演会を開催するには
お蔭様で株式セミナー、講演会で私が人気首位に。
Yahoo! キーワード検索数
ネット上での株式評論家人気(男性)首位
(オーバーチュア調べ)

北浜の株本









5cd76281.jpg












■お勧め優良リンク集


■儲けても損してもここで一服、頭の深呼吸サイト
 
明日からモテる男になるノウハウ500連発  
横浜レディーの「幸せ発見」ストーリー  
二宮茂男の「川柳の部屋」  
おもしろフラッシュ(ペッパー味) 
世界の名画が見られる「絵画・額縁のシバヤマ」  
心なごむ風景写真が見られる「Neo Nostalgia」 

株は気概が大事 いまは特に、胸にいつも次の名句を


愛すれば
花開く(北浜)

何も咲かない
冬の日は 
下へ下へと根を伸ばせ(後藤清一)

春風や
闘志抱きて
丘に立つ(高浜虚子)


暗い深海では
自ら灯を灯さねば
生きられない(作者不明)

一つの扉が閉じれば
別の扉が開く(バレンタイン)

世の中は何かつねなる飛鳥川
きのふの淵ぞ
今日は瀬になる(古今集)

営々黙々
花が咲いても
咲かぬでも(石野誠一)

さびれた商店街にも
繁盛店はある(北浜)



40代以上の人に耳打ち直言 
「若い人に勝てるのは株だけです」
一緒に頑張りましょう」

40代以下の人に耳打ち直言 
年上の人に株で勝てたら気分いいよ」
一緒に頑張ろう」 

株式投資に笑いを!


[出来高対応チャート+音で聞く株価の動き]



サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
信用出来るプロバイダー
このHPもお世話になっています
担当者も親切です

ドメインも取れます



















































約束 資金倍増を毎日応援
(当サイトは
リンクフリーです。報告も無用です。自由にご利用下さい

■北浜式
資金倍増投資法・3つの大事
(1)常に「非風非幡」を胸に置く。
(2)常に「1株利益、営業利益」を重視する。
(3)常に「予測の限界」を知って売買する。


[北浜の講演会出演予定]  

日経ラジオ社
株式新聞社

北浜の執筆・出演媒体

[新聞]

⇒東京スポーツ
毎週木曜掲載
⇒夕刊フジ
毎週金曜掲載
⇒日本証券新聞   
毎月2回、金曜夜掲載


[週刊誌]

⇒投資レーダー
(日足集・1週交代)
⇒投資レーダー
(週足集・月1執筆)

[月刊誌・旬刊誌]

⇒マネージャパン   
⇒マネープラス
⇒日経マネー
⇒株主手帳
⇒投資レーダー
(新興市場株)
⇒オール投資
(月2回)
⇒別冊・週刊大衆
⇒週刊エコノミスト別冊『株の達人』
⇒力の意志

[ラジオ]

ラジオNIKKEI
⇒毎週水曜日
ファイナンシャル
BOX

午後4時〜5時
⇒毎週金曜日
兜町マーケット・サテライト

午後0時〜0時15分
⇒毎週土曜日
朝イチ投資大学 
午前7時45分〜8時15分

■日めくりカレンダー
毎日見よう          

勝てる最強リンク集
NY・NASDAQの両指標が分かる
日米市場関連ニュースが分かる
国上場日本株の動きが分かる
日本経済新聞の最新情報が分かる
NY・NASDAQの指数、代表的銘柄の株価が分かる
T関連のホット情報が分か
Yahooの金融サイトを見る
infoseekの金融サイトを見る
とても便利な「ぱらっとチャート」
米国株情報ならウォールストリートの株式サイト
シカゴ市場での日経先物価格が分か
日経ラジオ社の株式ホット情報が分かる
日経ラジオ社の株式関連総合情報が分かる
株式優待が分かる
新規上場銘柄が分かる
上場企業のIR情報が分か
中国株の動きが分かります
アジア株の動きが分かる
逆日歩銘柄が分かる
世界主要国の株価指数が分かる
ハイレベルで使い勝手のよい株式関連総合リンク集

かの有名な株式情報サイト、ケンミレのサイトに直結

非常に便利なぱらっとチャート

これまた便利な業種別チャート

インターネット超活用法

探したいものがすぐ見つかる
1年分の新聞記事(佐賀新聞)が無料で読める  
Yahooで探す
infoseekで探す
マザーズ銘柄が分か
株関係のHPを探す
今日の予定、行事を知る
「情報商材」紹介サイト
「アフィリエイト」サイト
得意分野でメシを食う
「レーシック」紹介サイト
役立つ、使える優良投資情報誌・紙
オール投資
日本証券新聞
株式新聞
証券新報
投資レーダー
日刊工業新聞
化学工業日報
ベトナム株情報(1)
ベトナム株情報(2)
中国株情報
インド株情報サイト




































































チタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索
Disambiguationこの項目では元素について説明しています。"チタン" のその他の用法についてはタイタンをご覧ください。
スカンジウム - チタン - バナジウム
Ti
Zi
一般特性
名称, 記号, 番号 チタン, Ti, 22
分類 遷移金属
, 周期, ブロック 4 (IVA), 4 , d
密度, 硬度 4507 kg・m?3, 6.0
単体の 銀白色
チタン
原子特性
原子量 47.867 amu
原子半径 (計測値) 140 (176) pm
共有結合半径 136 pm
VDW半径 no data
電子配置 [Ar]3d2 4s2
電子殻 2, 8, 10, 2,
酸化数酸化物 4(両性酸化物
結晶構造 六方最密構造
物理特性
固体 (常磁性)
融点 1941 K
(1668 , 3034 °F)
沸点 3560 K
(3287 ℃, 5949 °F)
モル体積 10.64 × 10?3 m3・mol?1
気化熱 421 kJ・mol?1
融解熱 15.45 kJ・mol?1
蒸気圧 0.49 Pa (1941 K)
音の伝わる速さ 4140 m/s (293.15 K)
その他
クラーク数 0.46%
電気陰性度 1.54 (ポーリング
比熱容量 520 J・kg?1・K?1
導電率 2.34 × 106 m・Ω
熱伝導率 21.9 W・m?1・K?1
イオン化エネルギー 第1: 658.8kJ・mol?1
第2: 1309.8 kJ・mol?1
第3: 2652.5 kJ・mol?1
第4: 4174.6 kJ・mol?1
第5: 9581 kJ・mol?1
第6: 11533 kJ・mol-1
第7: 13590 kJ・mol-1
第8: 15250 kJ・mol-1
第9: 16440 kJ・mol-1
第10: 20833 kJ・mol-1
(比較的)安定同位体
同位体 NA 半減期 DM DE/MeV DP
44Ti {syn.} 63 ε
γ
0.268
0.07
44Sc
 
46Ti 8.0% 中性子24個で安定
47Ti 7.3% 中性子25個で安定
48Ti 73.8% 中性子26個で安定
49Ti 5.5% 中性子27個で安定
50Ti 5.4% 中性子28個で安定
注記がない限り国際単位系使用及び標準状態下。

チタンTitan, Titanium)は、原子番号22元素元素記号Tiチタン族元素の一つで、金属光沢を持つ遷移元素である。

地球を構成する地殻の成分として9番目に多い元素で、遷移元素としてはに次ぐ。金紅石イルメナイトといった鉱石の中に多数含まれる。チタンの性質は化学的、物理的にジルコニウムに近い。

目次

[非表示]

[編集] チタンの特徴

チタンはプラチナ(白金)とほぼ同等の強い耐蝕性を持つことから、室温では酸や食塩水(海水)などとは殆ど反応しないためを生じにくい他、少量の湿気があれば塩素系ガスとも反応しない。そのため、純チタンではやや接着性に劣るが、表面の汚れやごみといった付着物を容易に取り除くことができる。基本的に純度の高いチタンは水に不溶だが、濃縮酸のチタンでは水に可溶である。特に純度の高いチタンは無酸素の空間においての塑性に優れ、鋼鉄と似た色合いの銀灰色光沢を持つ。

チタンは他の金属に比べ、比較的融点が高く、超硬合金としてよく使用される。チタンは鋼鉄と同等の強度を持つなど大変強い物質である一方、質量は鋼鉄の45%と非常に軽く、アルミニウムと比較した場合、アルミニウムに比べ60%程度質量の大きいものの、約2倍の強度を持つ。これらの特性の影響により、チタンは他の金属よりも金属疲労が起こりにくい。

見た目は銀灰色の金属元素であり、比重は4.5。融点は摂氏1812度(1667度、1668度とも)、沸点は摂氏3285度(3287度とも)である。常温、常圧で安定な結晶は、六方最密充填構造(HCP)を持つが、880゜C以上で体心立方構造(BCC) に転移する。純粋なものは耐食性が高く、展性、延性に富み、引張強度が大きい(硬くかつ軟らかく強い)。空気中では常温で酸化被膜を作り内部が保護される。フッ化水素酸には少し溶け、加熱下の塩酸に溶ける。150゜C以上でハロゲンと、700゜C以上で水素酸素窒素炭素と反応する。原子価は、3価または4価である。また、磁石をわずかに引きつけられるほどの弱い常磁性や極めて低い電気伝導性熱伝導性を持っている。

[編集] 用途

チタンの約95%は二酸化チタンとして、主に白色の顔料として絵具合成樹脂などに使用される。ちなみに、二酸化チタンで作られた絵具は赤外線の反射率が高いため、屋外での絵画の描写に向いている他、セメントなどにも使用されることもある。

チタンの強さや軽さ、並外れた耐蝕性、極端な温度に耐えることができるといった性質から、アルミニウムやマンガンモリブデンなどとの合金戦闘機旅客機などの航空機分野、自動車潜水艦の耐圧殻、ロケットミサイル、スプーン・フォーク、印鑑眼鏡のツル、フライパン、ゴルフクラブなど多岐にわたって使用されるほか、鉄鋼合金との脱酸剤や、ステンレス鋼において炭素含有量を減少させる目的などにも使用される。

また、他にも以下の用途に使用されている。

その他、触媒としての利用やグッゲンハイム美術館セリトス図書館などのような建築物にも使用されている。

[編集] 歴史

チタンはイギリス1791年、聖職者のウィリアム・グレゴールによって発見された。彼は自分の教区内のメナカン谷で発見したので、メナカイト(menachite)と命名したが一般的には知れ渡らなかった。また、ほぼ同じ時期にはフランツ・ジョセフ・ミュラーによっても同様の物質が作られたが彼はそれをチタンであることを特定することができなかった。1795年にはドイツマーチン・ハインリヒ・クラプロートによって鉱石(金紅石かイルメナイトのどちらかであるが、どちらかというのははっきりしていない)から独自に再発見され、ギリシア神話における地球最初の子であるティタンに因んで「チタン」と命名された。 1950年代から1960年代にかけての冷戦で、ソ連アメリカ軍がチタンを使用することを防ぐための戦術として世界中のチタン市場を買い占めることを試みたが失敗した。

[編集] チタンの生産

自然界には純粋なチタンの単体は殆ど存在せず、化合物として主に鉱石の中に含まれる。地殻の中に約0.6%存在し、火成岩やそこから得られた沈澱物の中に多く含まれ、地球上に広く分布している。チタンの鉱石は、イルメナイト(またはチタン鉄鉱、FeTiO3)や金紅石(またはルチル、TiO2)、板チタン石(TiO2)、ペロブスカイト(または灰チタン石、CaTiO3)などが存在するが、特にイルメナイトと金紅石が経済的に重要な役割を持っている。チタンの主な採掘は、オーストラリア大陸スカンディナヴィア半島北アメリカ大陸などであり、1997年のチタンの世界のシェアは以下の順になっている。

アポロ17号が月面に到着した際に持ち出された岩石から12.1%はTiO2が検出されたほか、隕石の中からも検出されており、太陽Mタイプ惑星にも存在すると考えられている。また、チタンは石炭植物人体にも含まれている。

イルメナイトや金紅石などの、鉄分を含む鉱石からチタンを精錬する方法は、まず炭素と熱して鉄を除いた後、さらに炭素と熱しながら塩素を通じてTiCl4(沸点136℃)とし、蒸留して精製する。
TiO2+2C+2Cl2→TiCl4+2CO

これをアルゴン中約900℃でマグネシウムと反応させて金属チタンを得る。これをクロール法と呼ぶ。
TiCl4+2Mg→Ti+2MgCl2

チタンは高温で炭化物や窒化物を作りやすいので、上述したような製法を適用する。したがってチタンは精錬に費用がかかり高価になる。

[編集] チタンの化合物


[編集] 同位体

チタンは5つの安定同位体を持つが、その中でも48Tiが最も多く地球上に存在する。

不安定同位体を含めたチタンの同位体は、39.99から57.966までの原子量を持つ。

[編集] チタン世界会議

[編集] 関連項目


トップページへ