フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で知る

いまさら人に聞けない証券・金融用語の基礎知識(初級篇)


PER(株価収益率)・PBR(1株当たり純資産倍率)・1株利益ROE(株主資本利益率)




  スポンサードリンク


北浜の投資直言
■黄金波動に乗ろう。

■特別メッセージ、ここからの対処法

北浜のライブドア「資金倍増」Blog

北浜の楽天「資金倍増・株愛ブログ」

北浜の楽天「資金倍増・北浜コミュニティ

北浜のアメーバ「格差社会が何だ」ブログ

北浜のヤフー「日経225ETF」Blog

北浜のとれまがブログ「株リッチ魂」

集客力最高記録を持つ
北浜の講演会を開催するには
お蔭様で株式セミナー、講演会で私が人気首位に。
Yahoo! キーワード検索数
ネット上での株式評論家人気(男性)首位
(オーバーチュア調べ)

北浜の株本









5cd76281.jpg












■お勧め優良リンク集


■儲けても損してもここで一服、頭の深呼吸サイト
 
明日からモテる男になるノウハウ500連発  
横浜レディーの「幸せ発見」ストーリー  
二宮茂男の「川柳の部屋」  
おもしろフラッシュ(ペッパー味) 
世界の名画が見られる「絵画・額縁のシバヤマ」  
心なごむ風景写真が見られる「Neo Nostalgia」 

株は気概が大事 いまは特に、胸にいつも次の名句を


愛すれば
花開く(北浜)

何も咲かない
冬の日は 
下へ下へと根を伸ばせ(後藤清一)

春風や
闘志抱きて
丘に立つ(高浜虚子)


暗い深海では
自ら灯を灯さねば
生きられない(作者不明)

一つの扉が閉じれば
別の扉が開く(バレンタイン)

世の中は何かつねなる飛鳥川
きのふの淵ぞ
今日は瀬になる(古今集)

営々黙々
花が咲いても
咲かぬでも(石野誠一)

さびれた商店街にも
繁盛店はある(北浜)



40代以上の人に耳打ち直言 
「若い人に勝てるのは株だけです」
一緒に頑張りましょう」

40代以下の人に耳打ち直言 
年上の人に株で勝てたら気分いいよ」
一緒に頑張ろう」 

株式投資に笑いを!


[出来高対応チャート+音で聞く株価の動き]



サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
信用出来るプロバイダー
このHPもお世話になっています
担当者も親切です

ドメインも取れます



















































約束 資金倍増を毎日応援
(当サイトは
リンクフリーです。報告も無用です。自由にご利用下さい

■北浜式
資金倍増投資法・3つの大事
(1)常に「非風非幡」を胸に置く。
(2)常に「1株利益、営業利益」を重視する。
(3)常に「予測の限界」を知って売買する。


[北浜の講演会出演予定]  

日経ラジオ社
株式新聞社

北浜の執筆・出演媒体

[新聞]

⇒東京スポーツ
毎週木曜掲載
⇒夕刊フジ
毎週金曜掲載
⇒日本証券新聞   
毎月2回、金曜夜掲載


[週刊誌]

⇒投資レーダー
(日足集・1週交代)
⇒投資レーダー
(週足集・月1執筆)

[月刊誌・旬刊誌]

⇒マネージャパン   
⇒マネープラス
⇒日経マネー
⇒株主手帳
⇒投資レーダー
(新興市場株)
⇒オール投資
(月2回)
⇒別冊・週刊大衆
⇒週刊エコノミスト別冊『株の達人』
⇒力の意志

[ラジオ]

ラジオNIKKEI
⇒毎週水曜日
ファイナンシャル
BOX

午後4時〜5時
⇒毎週金曜日
兜町マーケット・サテライト

午後0時〜0時15分
⇒毎週土曜日
朝イチ投資大学 
午前7時45分〜8時15分

■日めくりカレンダー

あなたは1億プラス

人目の訪問者です。
01・01・25〜。
06/10/10  1億アクセス達成
毎日見よう          

勝てる最強リンク集
NY・NASDAQの両指標が分かる
日米市場関連ニュースが分かる
国上場日本株の動きが分かる
日本経済新聞の最新情報が分かる
NY・NASDAQの指数、代表的銘柄の株価が分かる
T関連のホット情報が分か
Yahooの金融サイトを見る
infoseekの金融サイトを見る
とても便利な「ぱらっとチャート」
米国株情報ならウォールストリートの株式サイト
シカゴ市場での日経先物価格が分か
日経ラジオ社の株式ホット情報が分かる
日経ラジオ社の株式関連総合情報が分かる
株式優待が分かる
新規上場銘柄が分かる
上場企業のIR情報が分か
中国株の動きが分かります
アジア株の動きが分かる
逆日歩銘柄が分かる
世界主要国の株価指数が分かる
ハイレベルで使い勝手のよい株式関連総合リンク集

かの有名な株式情報サイト、ケンミレのサイトに直結

非常に便利なぱらっとチャート

これまた便利な業種別チャート

インターネット超活用法

探したいものがすぐ見つかる
1年分の新聞記事(佐賀新聞)が無料で読める  
Yahooで探す
infoseekで探す
マザーズ銘柄が分か
株関係のHPを探す
今日の予定、行事を知る
「情報商材」紹介サイト
「アフィリエイト」サイト
得意分野でメシを食う
「レーシック」紹介サイト
役立つ、使える優良投資情報誌・紙
オール投資
日本証券新聞
株式新聞
証券新報
投資レーダー
日刊工業新聞
化学工業日報
ベトナム株情報(1)
ベトナム株情報(2)
中国株情報
インド株情報サイト



























































昨日は
今日は 人の方が
このページを見にきました。

あなたは1億プラス

人目の訪問者です。
01・01・25〜。
06/10/10  1億アクセス達成

株価収益率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

株価収益率(かぶかしゅうえきりつ)は、株価の状況を判断する指標の一つである。株価を判断する情報として株価純資産倍率(PBR)と共に重要視される。

目次

[非表示]

[編集] 概要

株価収益率(以後PER)は、株価を一株利益で割ったものであり、

株価収益率(PER) = 株価 ÷ 一株利益(EPS)

で求められる。株主の側から見れば、「利益が全て配当に回された場合に何年で元本を回収できるか」という指標として見ることができる。一方企業の側から見れば、「株主からの出資をどれくらいの利回りで運用しているか」という指標の逆数と見ることができる。

また、時価総額当期純利益で割ったものと言い換えることもでき、

株価収益率(PER)  = 時価総額 ÷ 当期純利益

で求められる。利益が減ると、PERは増加することとなる。一般にPERが業界平均値と比較して高いときは、当該企業の株価は割高とされる。

[編集] 用いられ方

PERには、決算により確定した純利益を元に算出される数値(前期実績PER)と、期末で予想される純利益を元に算出される数値(予想PER)があり、日本の株式市場では一般に予想PERが重視され、米国では実績PERが重視される。日本の場合、予想PERは当該企業が半期・四半期毎に公表する決算予測をもとに算定されることが多く、その的中性や信憑性に対するスタンスの違いにより、利用には慎重さが求められる。米国では予想PERの算定根拠としてアナリストの予測が採用されることが多い。

PERの逆数が益回り(えきまわり)である。株価水準がPER=20にあるとき、その時点での益回りは1/20(5パーセント)となる。また益回り配当性向を乗したものが配当利回りである。益回り、配当利回りについても過去実績値による計算と予測値によるものがあり、算定の根拠には注意が必要である。

[編集] 適正とされる値

PERの標準値は14から20のあいだが適正とされるが、当該企業の成長性に楽観的な場合は高PERまで買われ(利益の高成長が見込める場合、現行では高いPERも数年後には低い水準になることがある)、将来に不透明感が高い場合は低PERで取引される。また石油鉄鋼海運など国際商品市況に業績が大きく影響をうける業種は、過渡的な経緯や国際的な落ち着き所としてセクター全体が低PERで取引されていることがある。不動産に対する投資収益率(不動産価格/年間賃料)が構造的に20近辺であり(地価の変動と賃料相場が連動する特性があることから)、証券市場全体のPERが20を越えて買い上げられている場合は株価バブルを警戒する必要がある(個別銘柄では前述のように将来性を期待して買い進められたり、また(予想)純利益が下方修正されることで高PERとなることがある)。

米国のNYSEでは伝統的に14〜20程度をコアとしたPERの推移を示してきたが、日本ではバブル景気崩壊後に株式の相互持合いが解消される90年代頃までは、40〜60内外の相当割高な株価で推移してきた。また新興市場では成長性を期待した取引が中心となることから、NASDAQでは60〜80程度をコアとしたPERの推移が見られる。市場間、あるいは投資対象(企業・債券・不動産・商品先物等)間での投資収益率の大幅な違いは価格変動の大きな波乱要素であり、投資対象、たとえば企業収益などへの期待が正・負いずれかの方向に大きく裏切られることなどをきっかけに急激な相場変動や市場の混乱をもたらす要因となる。

[編集] 関連項目

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E7%8E%87" より作成

株価純資産倍率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

純資産倍率 から転送)
移動: ナビゲーション, 検索

株価純資産倍率(かぶかじゅんしさんばいりつ)は、企業資産面から株価の状態を判断する指標である。株価の状況を判定する情報として株価収益率(PER)と共に重要視される指標のひとつである。

目次

[非表示]

[編集] 概要

1株あたり純資産に対する株価の倍率(状況)を測る指標である。

株価純資産倍率 = 株価 ÷ 1株当たり純資産 

で求められる。

一般に株価純資産倍率(以下PBR)が1倍であるとき、株価が解散価値と等しいとされ、それ以下だと割安株として扱われる。1倍以下の水準では会社が保有する純資産の額より時価総額のほうが安いことを意味しており、継続的に事業を行うより解散した方が株主の利益になる可能性がある。魅力的な事業・資産を持つにも関わらず低PBRで推移している企業は絶好の買収対象になるかもしれない。一方、PBRが高いからといって割高であるとはいえない(後述)が、資産を目的とした買収の対象としては魅力的とは言えない。

[編集] 用いられ方

PBRの計算の元となる純資産は、各会計時期(半期・四半期等)におけ決算で既に確定した数値が使用される。そのため当該企業の業績や資産内容に対して重大な懸念が発生している場合は、来期以降の純資産が減少する可能性があり、この場合はPBR1倍を大幅に下回る株価が形成されることがある。ただし、不祥事等により、業績がさほど悪化していなかった場合には、解散価値と等しいPBR1倍で株価が下げ止まり、上昇に転じるケースもある。経験的にPBR0.7近辺(3割引)や0.5(半額)、0.32(半値8掛け2割引)などの水準に相場的な妙味を見て買い向かうむきもある。

当該企業の実質的な純資産額の見積もり・算定は、株式(銘柄)評価の枢要で、あらゆる財務行動や企業業績の見通しが将来の純資産額の想定に影響を与える。現時点で算定されているPBRの値は、決算によって確定した値を元にした過去のものにすぎない点に注意が必要であろう。

[編集] 注意点

[編集] 関連項目

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E7%B4%94%E8%B3%87%E7%94%A3%E5%80%8D%E7%8E%87" より作成

一株利益

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

一株利益(ひとかぶりえき)は、財務分析で用いられる株価指標の一つである。また、一株利益以外に一株益一株あたり利益一株あたり当期利益、などの複数の呼び方が存在する。

[編集] 概要

文字通り、一企業の一株あたりの利益を示すもので、当期の純利益と発行済総株数から計算され、

一株利益(EPS) = 当期純利益 ÷ 発行済総株数

で求めることができる。当期純利益が上昇すれば一株利益(以後EPS)は上昇し、増資等により発行株式数が増えればEPSは下降するため、少ない資本で利益を上げれば上げるほどEPSは上昇する。ただし、後述のように、株式が分割された場合は別であるので、注意が必要である。

EPSは、株価収益率(PER)や株主資本利益率(ROE)を算出する際に用いられる。非常に重要な株価の指標であり、EPSが上昇することで 株価の割安を計る指標である株価収益率(PER)が減少し、割安度が上がり、 同じ割安度に戻されるために戻るという現象が発生する事が多い。

ウォーレン・バフェットはこのEPSが毎年上昇していることを非常に重要視したとのことである。

[編集] 注意

株式が分割された場合には、当然のことながら、EPSも下の例のように変化するために再計算が必要である。

例)

前期EPS 165 = 当期純利益 165万円 / 発行株数 10,000
 ↓
 一株を二株に分割
 ↓
今期EPS 100 = 当期純利益 200万円 / 発行株数 20,000

このように実質のEPSは200であるにも関わらず、分割で下げたように見える。

[編集] 関連項目


株主資本利益率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

株主資本利益率(かぶぬししほんりえきりつ)は、収益性分析で用いられる株価指標の一つであって、株主資本(払込資本金と内部留保との和)に対する利益の比率である。自己資本利益率(じこしほんりえきりつ)とも呼ばれる。

目次

[非表示]

[編集] 概要

ある企業が、一年間の企業活動を通じて、「株主の投資額に比してどれだけ効率的に利益を獲得したか」、を判断するのに用いられる指標で、当期純利益を、前期及び当期の株主資本の平均値で除したものである。なお、分子として経常利益を使用する場合もある。

株主資本利益率(ROE) = 当期純利益 ÷ 当期の株主資本


一株利益(EPS)と一株当たり純資産(BPS)を用いても表現可能で、その場合は以下の様な数式になる。 

株主資本利益率(ROE) = 一株利益(EPS) ÷ 一株当たり純資産(BPS)

[編集] 株主資本利益率の分析手法

デュポンシステムによれば、株主資本利益率は、売上高利益率総資産回転率財務レバレッジの積へと分解される。 これらの指標の関係を数式とすると、以下の通りである。なお、売上高をSales、利益をProfit、総資産をAssets、株主資本をEquityと表記する。


ROE = {Profit \over Equity} = {Profit \over Sales} * {Sales \over Assets} * {Assets \over Equity}


売上高利益率は企業の収益性を、総資産回転率は効率性を、財務レバレッジは財務的な安定性を表す。なお、数式から分るように、財務レバレッジは自己資本比率逆数である。


[編集] 株主資本利益率を向上させる手段

上述のように、株主資本利益率は売上高利益率と総資産回転率と財務レバレッジの積として表される。よって、これらの数値を向上させることで、株主資本利益率の向上を図ることができる。具体的な手法は、以下の通りである。


[編集] 関連記事




トップページへ