株儲けの基本
上がる株、勢いのある株が良い株と認識しよう。

株の判断基準は数限りなくあります。そのどれを基準にして選ぶか。
上がる株。上がりつつある株。上がっている株。これらに着眼するのが儲けの早道になります。




上がる株が良い株だ。

私は基本的にはファンダメンタルズ重視です。
でも実際の投資では、ファンダメンタルズだけでは勝てません。
テクニカルを加えざるを得ません。

でもテクニカル、
これだけでも勝てません。

結局はファンダメンタルズとテクニカルを足した、
ファンダ+テクニカルで行くのが良いことになります。

ところが、ややこしいことに、
これでもうまくいくとは限らないのです。

こうなるともう何を基準にしたら良いのか分からないということになります。
そこでもう一つ加えたいものがあります。

「勢い」

です。
こういうと、そんな抽象的なものでは投資に役立たない。
こんな反論、批判をいただくのですが、
しかし、です。

改めて書くまでもなく、
人も株も「勢い」が重要です。
勢いがあるのか、ないのか。

われわれの日常生活では非常に大事です。
勢いのある人とない人。
どちらと一緒に仕事をし、ともに過ごしたいと思いますか。

もちろん答えははっきりしています。
株式投資の場合、そんな勢いはどこに表れるのか。

トレンドに現れます。

勢いがあれば上り調子になるし、
勢いが失われれば下り調子なる。

これは株の世界だけでなく、
われわれが日常よく目にし、体験もすること。
この観点から株を見ると、
上がる株が良い株、
ということになります。


まあ、当たり前のことながら、
この点を忘れたり、
無視したまま投資している人が実に多いのが現実です。

つまり勢いのない銘柄で儲けようとしているのです。
それが成功することもあります。
しかし効率が悪いのが実際です。
そのため無駄に時が過ぎてしまいます。


限りある人生、
いつ浮上するか分からない株に、
いつまでも期待をかけているのはリスクが高過ぎます。

良い株とは、たとえ企業の中身に色々問題があっても、
上昇トレンドに乗っている株になります。
それとの付き合いを考える。
これがお勧めです。

それらしい株式用語を使うなら、
トレンドフォロー型の投資ということになります。

このやり方が万能とは限りませんが、
かなり有効度が高いのは間違いありません。

特に成功確率が高いのは、
勢いのある銘柄も一時的に下げることもあるため、
そんな押し目を待って投資し、
再び勢いがよみがえる回復波動に乗って行く。
これが勝利への近道になります。



北浜流一郎の株リッチ放送局へ