株式市場の急落局面で株を買うのはどんな投資家?


株式市場全体が大きく下げた状況で誰が株を買うのか。

ネコ型投資家たちだ。

彼らは株価が下げ止まるのを待っている。

ネコの狩りのやり方がそうだからだ。


そしてもう一種類、別の買い手がいる。

これはネコでもイヌでもない。

カラ売りをしている投資家たちだ。


彼らは株価が下げることに期待している。

そして時には実際に大きく下げ、彼らの思惑は的中することがある。

利益をしっかり確保するには、これから株を買い戻さねばならない。


では思惑が外れて株価は下がらないどころか上昇してしまった。

その場合、どうなるか。
損勘定になっている上に、期日以内に必ず反対売買、つまり買い戻さねばならない。

信用取引では必ずこれが実行される。

つまり株を買わねばならなくなる。

それが株価の上昇要因になってくれる。


トップページへ