株は基本で勝てる
ライオンはネズミを獲るにも全力を尽くす



テレビで報道されるライオンの狩りシーン。
それは大抵、牛の一種のヌーやシマウマなどの大型動物を襲っているところです。

でも実際にはネズミなど、小動物も狙うとのこと。
ウサギとか。

実際小さなネズミを捕らえようとすると、
効率が悪いと思うのですが・・・、


まあ、獲るということなのでそれを信じることにすると、
興味あるのはその獲り方です。

全力を尽くすそうなんです。
ネズミ一匹なのですからライオンにとっては軽いはずです。
でも細心の注意を払い、
熱心に捕獲に動くとのこと。


で、株です。
多くの資金を有している投資家は、
資金的にはライオンみたいな存在になるでしょう。

ところが私が見るところ、
そんな方々は投資のやり方が大雑把になっている傾向があります。


資金的に強者であることは素晴らしいことなので、
それを活かすには、
ライオンのように細心の注意を払いたいものです。


その結果獲れた獲物がネズミ一匹ではつまらない、
物足りない、
こういうことになるかもしれませんが、
ネズミをしっかり獲れないと
ヌーやシマウマも獲れないのです。

それにデイトレードは、小さな利益を積み立てていくのが普通です。
それはたとえてみると、ネズミのようなもの。
ネズミだからといって、気を抜いてトレードしたらどんなことになるか。

経験者ならご存じのはずです。
デイトレードという最新手法で相場に対峙しても、
利益は出ません。
それどころか、どんどん損してしまう。

これが株式投資の現実です。

だからわれわれ投資家は、
資金が大きかろうが、小かろうが、
一つ一つの売買に全力を尽くす。

ライオンがネズミを獲る時のように。

これがとても大事です。
でなければ株での勝利はあり得ません。

いや、FXや先物ミニ、オプションなどでも同様です。
これらは特に、小さな資金でトレードできるのですが、
損失は大きくなりがちなだけに、
ネズミを狙うライオンの気持ちで対応する。

これが不可欠です。



■北浜流一郎の株リッチ放送局、トップへ