株は基本で勝てる 

株式市場は明るいお化け屋敷





夏に遊園地でよく見かけるお化け屋敷。

それは必ず暗い。

そして突然お化けが出現します。

どこかで必ず出ると分かっていますが、

どこで出るかは分かりません。

でも必ず出る。

それが分かっていながら、お化け屋敷の中はパニック状態。

キャー、キャー、ワー、ワー騒がしくなります。

人々は逃げまどい、悲鳴を上げまくる。

誰かれ構わず抱きついたりします。

人工お化けと分かっていないがら大騒ぎです。
中には失神する人も。
そこまで行かなくても、心臓に悪いのは確かです。

株式市場も似たようなところがあります。

株式市場は明るい。

明るいけれど、お化けの姿などことにも見られません。

しかしそれはどこかに隠れていて、不意に姿をあらわし、

われわれを驚かせるのです。

明るいのにその姿は見えないのだから、
暗くて見えないのより恐い。


だから不意にあらわれると市場は驚き、

右往左往させられます。

時には悲鳴も上がる。

そして参加者のほとんどがパニックに陥ることも。

もちろんそれは明るいところで起きるのです。
株式市場という、
ある程度の資金さえあれば誰でも参加できる明るい場所で。



そして気がついた時には資金が失われている。

騒動でわれを忘れている間に財産が消えてしまうのです。

暗いお化け屋敷では財布=財産までは無くなりません。

でも明るいお化け屋敷では財産がなくなります。

明るいお化け屋敷に入るなら、
これらの点、よくよく考えて木戸銭=入場料を払うようにしたいですね。

それは結構高額です、下手をすると身ぐるみを剥がされます。
お化けの中には投資ノウハウを磨いている人たちがいて、
あなたの財布を常に狙っているからです。

特に株式市場が明るいお化け屋敷であることを
自覚していない人の財布が狙われます。



北浜流一郎の株リッチ放送局トップページへ