株価支援材料に強くなる

知っておきたい株式投資に有効なキーワード

三角合併って何だ



  スポンサードリンク


北浜の投資直言
■黄金波動に乗ろう。

■特別メッセージ、ここからの対処法

北浜のライブドア「資金倍増」Blog

北浜の楽天「資金倍増・株愛ブログ」

北浜の楽天「資金倍増・北浜コミュニティ

北浜のアメーバ「格差社会が何だ」ブログ

北浜のヤフー「日経225ETF」Blog

北浜のとれまがブログ「株リッチ魂」

集客力最高記録を持つ
北浜の講演会を開催するには
お蔭様で株式セミナー、講演会で私が人気首位に。
Yahoo! キーワード検索数
ネット上での株式評論家人気(男性)首位
(オーバーチュア調べ)

北浜の株本









5cd76281.jpg












■お勧め優良リンク集


■儲けても損してもここで一服、頭の深呼吸サイト
 
明日からモテる男になるノウハウ500連発  
横浜レディーの「幸せ発見」ストーリー  
二宮茂男の「川柳の部屋」  
おもしろフラッシュ(ペッパー味) 
世界の名画が見られる「絵画・額縁のシバヤマ」  
心なごむ風景写真が見られる「Neo Nostalgia」 

株は気概が大事 いまは特に、胸にいつも次の名句を


愛すれば
花開く(北浜)

何も咲かない
冬の日は 
下へ下へと根を伸ばせ(後藤清一)

春風や
闘志抱きて
丘に立つ(高浜虚子)


暗い深海では
自ら灯を灯さねば
生きられない(作者不明)

一つの扉が閉じれば
別の扉が開く(バレンタイン)

世の中は何かつねなる飛鳥川
きのふの淵ぞ
今日は瀬になる(古今集)

営々黙々
花が咲いても
咲かぬでも(石野誠一)

さびれた商店街にも
繁盛店はある(北浜)



40代以上の人に耳打ち直言 
「若い人に勝てるのは株だけです」
一緒に頑張りましょう」

40代以下の人に耳打ち直言 
年上の人に株で勝てたら気分いいよ」
一緒に頑張ろう」 

株式投資に笑いを!


[出来高対応チャート+音で聞く株価の動き]



サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
信用出来るプロバイダー
このHPもお世話になっています
担当者も親切です

ドメインも取れます



















































約束 資金倍増を毎日応援
(当サイトは
リンクフリーです。報告も無用です。自由にご利用下さい

■北浜式
資金倍増投資法・3つの大事
(1)常に「非風非幡」を胸に置く。
(2)常に「1株利益、営業利益」を重視する。
(3)常に「予測の限界」を知って売買する。


[北浜の講演会出演予定]  

日経ラジオ社
株式新聞社

北浜の執筆・出演媒体

[新聞]

⇒東京スポーツ
毎週木曜掲載
⇒夕刊フジ
毎週金曜掲載
⇒日本証券新聞   
毎月2回、金曜夜掲載


[週刊誌]

⇒投資レーダー
(日足集・1週交代)
⇒投資レーダー
(週足集・月1執筆)

[月刊誌・旬刊誌]

⇒マネージャパン   
⇒マネープラス
⇒日経マネー
⇒株主手帳
⇒投資レーダー
(新興市場株)
⇒オール投資
(月2回)
⇒別冊・週刊大衆
⇒週刊エコノミスト別冊『株の達人』
⇒力の意志

[ラジオ]

ラジオNIKKEI
⇒毎週水曜日
ファイナンシャル
BOX

午後4時〜5時
⇒毎週金曜日
兜町マーケット・サテライト

午後0時〜0時15分
⇒毎週土曜日
朝イチ投資大学 
午前7時45分〜8時15分

■日めくりカレンダー
毎日見よう          

勝てる最強リンク集
NY・NASDAQの両指標が分かる
日米市場関連ニュースが分かる
国上場日本株の動きが分かる
日本経済新聞の最新情報が分かる
NY・NASDAQの指数、代表的銘柄の株価が分かる
T関連のホット情報が分か
Yahooの金融サイトを見る
infoseekの金融サイトを見る
とても便利な「ぱらっとチャート」
米国株情報ならウォールストリートの株式サイト
シカゴ市場での日経先物価格が分か
日経ラジオ社の株式ホット情報が分かる
日経ラジオ社の株式関連総合情報が分かる
株式優待が分かる
新規上場銘柄が分かる
上場企業のIR情報が分か
中国株の動きが分かります
アジア株の動きが分かる
逆日歩銘柄が分かる
世界主要国の株価指数が分かる
ハイレベルで使い勝手のよい株式関連総合リンク集

かの有名な株式情報サイト、ケンミレのサイトに直結

非常に便利なぱらっとチャート

これまた便利な業種別チャート

インターネット超活用法

探したいものがすぐ見つかる
1年分の新聞記事(佐賀新聞)が無料で読める  
Yahooで探す
infoseekで探す
マザーズ銘柄が分か
株関係のHPを探す
今日の予定、行事を知る
「情報商材」紹介サイト
「アフィリエイト」サイト
得意分野でメシを食う
「レーシック」紹介サイト
役立つ、使える優良投資情報誌・紙
オール投資
日本証券新聞
株式新聞
証券新報
投資レーダー
日刊工業新聞
化学工業日報
ベトナム株情報(1)
ベトナム株情報(2)
中国株情報
インド株情報サイト




































































三角合併

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

三角合併(さんかくがっぺい)とは、企業合併の方法の一つで、会社の吸収合併を行う際に、存続会社の親会社の株式を交付することによって行う合併をいう。その手法上「合併」という言葉を使っているが、実態としては株式交換に類似する。日本では、三角合併が会社法上制定され、施行前の段階にある。

目次

[非表示]

[編集] 概要・効果

一般的な吸収合併の場合、消滅会社(吸収される会社)の株主は、それまで保有していた消滅会社の株式数に応じて、存続会社(吸収する会社)の株式の交付を受ける。つまり、合併に伴って、消滅会社の株主は存続会社の株主となる。結果として、存続会社の株主は、元の両会社の株主が混在することになる。

これに対し、三角合併の方法によると、消滅会社の株主には「存続会社の親会社」の株式を交付されることとなる。このため、存続会社が100パーセント子会社である場合には、合併の終了後も存続会社が100パーセント子会社である状況には変化がなく、存続会社の親会社の株主が増加するように合併を設計することができる。

この仕組みによれば、外国会社が日本に受け皿としての100パーセント子会社を設置し、その会社と日本の既存の会社とを合併させて買収し、買収後も日本の既存会社を100パーセント子会社として保持する仕組みを可能とする。

[編集] 日本での導入

会社法の制定に伴い、これまで合併時に消滅会社の株主に交付すべき合併対価が存続会社の株式および交付金に限定されていたものを、広く財産的価値を有するものを交付することができるという合併対価の柔軟化の改正が行われた。会社法全般は主に2006年5月1日に施行されたが、合併対価の柔軟化にかかる改正の部分の施行については、会社法の施行後から1年後とされ現在のところ2007年5月1日の施行が予定されている。

[編集] 懸念

三角合併の交付を含む合併対価の柔軟化については、日本企業に対する外国資本による買収を増加させる懸念があるとの指摘が日本財界などを中心に起こった。また、労働者側では、利益が上がっても、三角合併の買収防衛策で株主優先で、給与等の伸びの鈍化が懸念材料になっている。

なお、合併に当たっては合併の当事者間で合併契約などの締結が必要であり、合併当事者となる会社の意思決定のプロセスは通常の合併の場合と変わらない。ただし、公開会社の株主が譲渡制限株式等の法務省令により定めるものを合併の対価として受け取る場合には、通常の株主総会における特別決議より重い要件による特殊決議によることが求められている(下記参照)。


(会社の種類) (合併対価として交付される物) (消滅株式会社側に要求される株主総会など)
下記以外の場合
(・金銭が交付される場合や親会社株式が交付される場合を含む)
特別決議(309条2項11号)
吸収合併消滅株式が種類株式発行会社でない

・譲渡制限株式
・合併相手の取得条項付株式であって、将来の取得時には引換えに譲渡制限株式が交付されるもの
・合併相手の取得条項付新株予約権であって、将来の取得時には引換えに譲渡制限株式が交付されるもの

公開会社のとき
→特殊決議(309条3項2号)

・持分会社の持分
・権利の移転又は行使に債務者又は第三者の承諾を要するもの(譲渡制限株式を除く)

総株主の同意(783条2項)
吸収合併消滅株式が種類株式発行会社である

・譲渡制限株式等(上記に同じ)

その割当を受ける種類株式に譲渡制限がかかっていなかったとき
→その種類株式の種類株主総会での特殊決議(783条3項,324条3項)

・持分会社の持分
・権利の移転または行使に債務者又は第三者の承諾を要するもの(譲渡制限株式を除く)

その割当を受ける種類株式の種類株主の全員の同意(783条4項)

[編集] 課税上の取り扱い

現行(2006年時)の税法上では、三角合併が仮に行われても、対価としての株式の受領にともない外国株主が課税を受ける可能性がある。 2000年の株式交換制度の導入、2001年の会社分割制度の導入時の議論と同様、三角合併実行時に株主に対する課税の繰り延べが行われるかどうかが一つの焦点となっている。

株式交換会社分割とは異なり、三角合併は外国への株主への課税がからんでおり、安易に課税の繰り延べを認めると、日本に入るべき税収が海外に流出してしまう懸念があるため、同様の経済効果を生むスキームについて課税の繰り延べを認めることにこれまで国税は慎重な態度をとってきた。

2007年2月現在、三角合併制度においても課税の繰り延べを認める方針であることが報道されているが、詳細(具体的な税法規定)は未だ明らかになっていない。

[編集] 関連項目

執筆の途中です この「三角合併」は、分野に属する書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(法学CP/政治PJ/日本の法令PJ
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E5%90%88%E4%BD%B5" より作成



トップページへ