信用取引=借金で株を買う魅力とリスク




株式投資では信用取引がごく一般的なものとなっています。
かつてはそうではありませんでした。
大手証券で信用取引を行なうには3000万円、中小証券では300万円ほどの資金が必要でした。

これだけの資金がない人には信用取引をやらせてもらえなかったのです。
でもいまは違います。
ネット時代になり30万円から可能となりました。

このメリットは大きく、多くの人が信用取引をやりはじめています。
30万円あればそれを担保に約3倍の投資が可能となるからです。
資金の少ない人には非常に魅力的ということで、利用者がどんどん増えているのが実際です。

その結果はどうなっているのか。
信用取引で儲かったという人もいます。
でも残念ながら大抵は失敗しています。
うまく行っている時には手持ち資金の3倍の資金を株に投入出来るのですから当然3倍の利益が出るからです。

ところが当たり前のことながら、

株式市場では常に思いがけないことが起きてしまいます。
06年相場がそうでした。
ライブドア事件の発生で新興市場銘柄や東証1部銘柄でも中小型株は急落、
信用取引でそれらに投資していた人たちは大損害をこうむってしまいました。

資金一杯、つまり自己資金の3倍もの資金を投じていた人の損失は大きく、
大抵は市場から去らねばならなくなったのです。
中には再起不能の借金を背負ってしまった人も数多くいたのです。

信用取引が悪いのではありません。
利用の仕方に問題があるのです。
信用取引、つまり借金をしてまで株を買いたくなる状況。
それはほとんどの場合、市場環境が良く、多くの銘柄が上昇している時です。
でなければ、ほとんどの人は借金までして株を買おうとは思いません。

しかしそんな時に限って予想外のことが起きるのです。
そして大損失を出してしまいます。
これは投資の歴史始まって以来、ずっと繰り返されてきたこと。
珍しいことではありません。

それを無事乗り切るにはどうしたら良いか。
投資環境が非常に良い時には信用取引を手控えことです。
みんなが、株は上がる、これからだ、などと騒ぎ立てている時がそうです。

そういう時はもちろんのこと、
そうでない時も、信用取引をする際は、
資金と同じほどの金額にとどめておくことです。
つまり100万円の資金なら、信用取引でも100万円ほどにする。
こうしておけば、万が一急落するようなことがあっても被害は少なくてすみます。

そしてもう一つ。
A株を担保にして、A株を信用買いするやり方。
これを「二階建て方式」といいますが、
これを止めることです。
A株が急落した場合、
信用取引で買った分も当然それと動きが同じになるため、
決定的な被害をこうむります。

以上のような点を守れるようなら信用取引はお勧めです。
でも守れないなら、賛成出来かねます。
資金を失うばかりか、時には破産するからです。

[要注意]恐い信用取引の2階建て
リスク高過ぎる2階建て信用取引
信用取引は上手に利用すればもちろん効果大だ。
しかし当然リスクもある。
特に危ないのは新興市場銘柄を信用で買った場合だ。
さらに2階建てで買った場合が危ない。
不用意にそれをしている人が結構いて、相談に乗ることが多い。

株をかじりはじめたぐらいで信用取引、それも小型の新興市場銘柄を買うこと自体無謀すぎる。
その上に2階建ての人はあまりに怖いもの知らずというしかない。

うまく行く期待だけが頭にあり、逆に動いた時のことを考えていないことになる。
株式投資で問題なのは後者なのであり、この点に勘違いがあれば早晩市場から去らねばならない。
もちろんうまくいくこともある。しかし株式市場では思いがけないことたびたび起きて、株価も当然思いがけなく下げる。
これが資金を一挙に失わせるのだ。
頭の中ではうまく逃げるつもりでいても、逃げるに逃げられないのが普通だ。
そう。あなたは逃げられる自信がおあり?
それじゃ一斉売りの中を、逃げてご覧だ。

私は実に多くの逃げられなかった人を見てきた。
でもこれ以上は見たくない。新興市場銘柄の信用取引、それも2階建てをしている人はくれぐれもご用心を。
私の教室の生徒さんなら、その無謀で無警戒な姿勢は「メッ! 」じゃすまない。

トップページへ