株は基本で勝てる
下値支持線で待ち伏せして買う

株はどんなところで買えばいいのか。安全度が高いのは下値支持線で待ち伏せるやり方。その手法を紹介。




株を買い遅れた場合、株価が下げたら買いたい。
ほとんどの投資家がこう思っているはずです。

それにこたえるかのように株価が下げ始めとします。
下げたら買うつもりでいたのだから、当然買いチャンス到来となります。


買い遅れていた投資家は、
わくわくしながら買い場を探すことになるはずなのですが・・・・、

そうです。

実際に株価が下げてくるとどこで買ったらいいのか分からない。
これが株式投資の現実です。

そこでまず必要になってくるのが、
下値のメドのつけ方。

通常は高値から上げ幅の3分の1下げた、
2分の1下げた水準などがメドとされています。

そこで株価が止まることももちろんあります。
しかし止まらないことも多い。

そこで次に頼りにされているが、
トレンドラインで止まるという考え方です。

トレンドラインとは、株価の安値と安値を結んだり、
高値と高値を結んだりして右肩上がりのラインを引く、
あるいは逆に右肩下がりのラインを引く、
そんなラインのことです。

上昇していた株価が下がりはじめた場合、
トレンドラインで止まると考えるのです。

しかしこれまた実際には信頼度が低いのです。
それにトレンドラインは自分に都合のよいように引いてしまうことも多いものです。
これらから信頼度が低くなってしまいます。

トレンドラインの信頼度が低いとなると、
他になにがあるのか。

移動平均線を頼りにするやり方があります。
移動平均線は比較的頼りになります。
しかし実際には、かなり騙しも多くなってしまいます。
移動平均線では止まらないことも多いのです。

そこで登場するのが下値支持線になります。


下値支持線とは、以前安値をつけて反発に転じたところ、
400円とか、500円などとキリのよい株価、
以前その株が高値をつけてそこから下げてしまったところ、
以前その株がもみ合ったところ、

これらが下値支持線になり、
株価はそこで止まることが多いものです。

ただこれも絶対ではありません。
そこを割り込んでしまうことも結構あります。
この点では下値支持線も絶対ではないのですが、
それでも他の判断基準より信頼度が高く、メドもつけやすいといえます。

実際の投資にそれを活かす場合は、
上昇トレンドに乗っている銘柄が下がりはじめたら、
下値支持線で待ち伏せ、
そこから株価が反発しはじめたところで買う。

下値支持線で止まらなければどうするか。
買わないだけのことです。

こうすれば安全度が高くなります。




株リッチ放送局、トップページへ