米国市場動向と東京市場、日本株の見通し



■今日はどうなる? あの株、この株、東京市場

8月17日[朝刊


NYダウ4日続伸、NASDAQ反発
FOMC議事録要旨を好感
東京市場、 NYダウ高ながら円高を警戒へ
主力株中心に買い手控え続く恐れ

NYダウ25・88高、NASDAQ12・09ポイント高。
6日の米株式市場はダウが4日続伸と強く、NASDAQもそれを追う形で反発した。
上昇要因になったのはFOMC議事録要旨。
それによると参加委員たちの多くが、
物価上昇率が目標の2%を下回る状況が予想以上に続いてしまうことが考えられる、
と指摘していた。
だからどうすべきか。
利上げを急ぐべきではない。市場は勝手にこんな見方となり、歓迎された。
米国市場は利上げに敏感であり、それが従来見込りもペースダウンしそうだと見ると買いが入る。
昨日もそんな一日になったといえます。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
15日の日経平均は大幅高、16日は小幅に調整したため、今日は米国市場高でもあり、
リズム的には小幅反発があっておかしくない。
しかし一時110円台後半まで下げていた対ドルでの円が、
今日は109円台後半に反発している。
これは7月の貿易統計速報(通関ベース)で輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支が、
4188億円の黒字(前年同月は5045億円の黒字)たったことによるものと考えてよい。
貿易の黒字は国にとっては好ましものながら、株式市場では円高要因となるため、
あまり好ましくない。
実際これでは今日の日経平均の反発は難しい・・・こう見ています。



株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10500人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除
北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞を無料で読む



■北浜流一郎の株リッチ放送局、トップページへ