米国市場動向と東京市場、日本株の見通し



■今日はどうなる? あの株、この株、東京市場

11月16日[朝刊


NYダウ、NASDAQともに続落
7〜9月期決済発表終わり目先材料出尽くしで
東京市場、昨日の下げ過ぎ修正あっておかしくない
売られ過ぎの中小型株中心に買い戻し

NYダウ138・19ドル安、NASDAQ31・66ポイント安。
15日の米株式市場は両市場とも続落となった。
まずは原油先物価格が下げ止まらず、資源エネルギー関連株が下げた。
7〜9月期決算の発表が終わり、好決算で買われた銘柄に買い疲れ感が出たことも売り要因になったと見てよい。
個別にはアップル、マイクロソフト、アマゾン・ドット・コムなど大型人気企業株が売られため、
他銘柄へそれが波及しやすく、全体が軟調だった。

以上のような動きを受けて今日の東京市場はどうか。
昨日の日経平均は350円を越える大幅下落となった。
では、何か大きなマイナス材料があったかとなるとそれはなかった。
このところ下げ基調となっていて5日続落となっていたところへ、
朝方株価が反発しなかったためアルゴリズム取引が売り方向に作動、
勢いがついてしまい大幅に下げてしまった。
こういうことになったといえる。
となると今度は逆方向に作動してもおかしくない。
つまり下落続きを受けて買い戻しが入りやすくなる。
こう見てよく、今日は反発確率が高くなると見ています。
ただ一旦戻ると今度はすぐにアルゴは利食い売りに転じることが考えられることから、
上げ幅はさほど大きくなれないでしょう。

株式投資のブログランキングに参加しています。
 お手数ですが下のランキングボタンをクリックしていただけると助かります。

人気ブログランキングへ応援クリックで次回の投稿にも力が入ります。

無料メルマガ(まぐまぐ殿堂入り。読者10000人以上)では限定記事を随時配信しています。

登録すると内容更新ごとに新たな記事が自動的に送られてきます。

よろしければ、登録してみてください。

以下から無料で読めます

メルマガ登録・解除
北浜流一郎の「一株開運」資金倍増株リッチ新聞を無料で読む



■北浜流一郎の株リッチ放送局、トップページへ