フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で知る

いまさら人に聞けない証券・金融用語の基礎知識(中級篇)

FX(外国為替証拠金取引)・裁定取引・先物取引



  スポンサードリンク


北浜の投資直言
■黄金波動に乗ろう。

■特別メッセージ、ここからの対処法

北浜のライブドア「資金倍増」Blog

北浜の楽天「資金倍増・株愛ブログ」

北浜の楽天「資金倍増・北浜コミュニティ

北浜のアメーバ「格差社会が何だ」ブログ

北浜のヤフー「日経225ETF」Blog

北浜のとれまがブログ「株リッチ魂」

集客力最高記録を持つ
北浜の講演会を開催するには
お蔭様で株式セミナー、講演会で私が人気首位に。
Yahoo! キーワード検索数
ネット上での株式評論家人気(男性)首位
(オーバーチュア調べ)

北浜の株本









5cd76281.jpg












■お勧め優良リンク集


■儲けても損してもここで一服、頭の深呼吸サイト
 
明日からモテる男になるノウハウ500連発  
横浜レディーの「幸せ発見」ストーリー  
二宮茂男の「川柳の部屋」  
おもしろフラッシュ(ペッパー味) 
世界の名画が見られる「絵画・額縁のシバヤマ」  
心なごむ風景写真が見られる「Neo Nostalgia」 

株は気概が大事 いまは特に、胸にいつも次の名句を


愛すれば
花開く(北浜)

何も咲かない
冬の日は 
下へ下へと根を伸ばせ(後藤清一)

春風や
闘志抱きて
丘に立つ(高浜虚子)


暗い深海では
自ら灯を灯さねば
生きられない(作者不明)

一つの扉が閉じれば
別の扉が開く(バレンタイン)

世の中は何かつねなる飛鳥川
きのふの淵ぞ
今日は瀬になる(古今集)

営々黙々
花が咲いても
咲かぬでも(石野誠一)

さびれた商店街にも
繁盛店はある(北浜)



40代以上の人に耳打ち直言 
「若い人に勝てるのは株だけです」
一緒に頑張りましょう」

40代以下の人に耳打ち直言 
年上の人に株で勝てたら気分いいよ」
一緒に頑張ろう」 

株式投資に笑いを!


[出来高対応チャート+音で聞く株価の動き]



サーチ:
Amazon.co.jpアソシエイト
信用出来るプロバイダー
このHPもお世話になっています
担当者も親切です

ドメインも取れます



















































約束 資金倍増を毎日応援
(当サイトは
リンクフリーです。報告も無用です。自由にご利用下さい

■北浜式
資金倍増投資法・3つの大事
(1)常に「非風非幡」を胸に置く。
(2)常に「1株利益、営業利益」を重視する。
(3)常に「予測の限界」を知って売買する。


[北浜の講演会出演予定]  

日経ラジオ社
株式新聞社

北浜の執筆・出演媒体

[新聞]

⇒東京スポーツ
毎週木曜掲載
⇒夕刊フジ
毎週金曜掲載
⇒日本証券新聞   
毎月2回、金曜夜掲載


[週刊誌]

⇒投資レーダー
(日足集・1週交代)
⇒投資レーダー
(週足集・月1執筆)

[月刊誌・旬刊誌]

⇒マネージャパン   
⇒マネープラス
⇒日経マネー
⇒株主手帳
⇒投資レーダー
(新興市場株)
⇒オール投資
(月2回)
⇒別冊・週刊大衆
⇒週刊エコノミスト別冊『株の達人』
⇒力の意志

[ラジオ]

ラジオNIKKEI
⇒毎週水曜日
ファイナンシャル
BOX

午後4時〜5時
⇒毎週金曜日
兜町マーケット・サテライト

午後0時〜0時15分
⇒毎週土曜日
朝イチ投資大学 
午前7時45分〜8時15分

■日めくりカレンダー

あなたは1億プラス

人目の訪問者です。
01・01・25〜。
06/10/10  1億アクセス達成
毎日見よう          

勝てる最強リンク集
NY・NASDAQの両指標が分かる
日米市場関連ニュースが分かる
国上場日本株の動きが分かる
日本経済新聞の最新情報が分かる
NY・NASDAQの指数、代表的銘柄の株価が分かる
T関連のホット情報が分か
Yahooの金融サイトを見る
infoseekの金融サイトを見る
とても便利な「ぱらっとチャート」
米国株情報ならウォールストリートの株式サイト
シカゴ市場での日経先物価格が分か
日経ラジオ社の株式ホット情報が分かる
日経ラジオ社の株式関連総合情報が分かる
株式優待が分かる
新規上場銘柄が分かる
上場企業のIR情報が分か
中国株の動きが分かります
アジア株の動きが分かる
逆日歩銘柄が分かる
世界主要国の株価指数が分かる
ハイレベルで使い勝手のよい株式関連総合リンク集

かの有名な株式情報サイト、ケンミレのサイトに直結

非常に便利なぱらっとチャート

これまた便利な業種別チャート

インターネット超活用法

探したいものがすぐ見つかる
1年分の新聞記事(佐賀新聞)が無料で読める  
Yahooで探す
infoseekで探す
マザーズ銘柄が分か
株関係のHPを探す
今日の予定、行事を知る
「情報商材」紹介サイト
「アフィリエイト」サイト
得意分野でメシを食う
「レーシック」紹介サイト
役立つ、使える優良投資情報誌・紙
オール投資
日本証券新聞
株式新聞
証券新報
投資レーダー
日刊工業新聞
化学工業日報
ベトナム株情報(1)
ベトナム株情報(2)
中国株情報
インド株情報サイト



























































昨日は
今日は 人の方が
このページを見にきました。

あなたは1億プラス

人目の訪問者です。
01・01・25〜。
06/10/10  1億アクセス達成

FX(外国為替証拠金取引)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: ナビゲーション, 検索

外国為替証拠金取引がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、少額の証拠金(保証金)を業者に預託し、差益決済による通貨間の売買を行なう取引をいう。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。

日本では1998年(平成10年)に外国為替及び外国貿易法が改正されてダイワフューチャーズ(現ひまわり証券)などが取り扱いを開始、ブロードバンドの普及も手伝って市場が急速に拡大した。商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者もある。取引内容によってはハイリスク・ハイリターンとなるため、外国為替相場に関する十分な知識や経験を要する。

目次

[非表示]

[編集] 特徴

外貨預金外貨建てMMFなど、他の外貨建て金融商品と比較した場合の特徴を挙げる。

[編集] ロング・ショート

外国為替証拠金取引では、つねに何らかの通貨を売り、何らかの通貨を買う、という取引をする。これは最初は理解しにくいが、我々が通常日本円でバナナを買うときは、実際にはバナナを買って円を売っているわけである。これと同様に、日本円を売って米ドルを買う、米ドルを買ってユーロを売る、というような取引をしている。

このように、「買い」の方の通貨をロング、「売り」の方の通貨をショート、と呼ぶ。上記の例では順に、ドルロング円ショート(またはドル円ロング)、ユーロショートドルロング(またはユーロドルショート)という言い方になる。また、通貨のペアはUSD/JPY、EUR/JPY、EUR/USDなどと表記が決まっているので、ドル円ロングといえば円はショートされている。同様にユーロドルショートと言えば、ドルはロングされている。ただし同じ取引を、円ドルショート、ドルユーロロングなどという言い方は慣例としてしない。

外国為替証拠金取引では無いが、基本原理の理解の為にレバレッジ取引の例を示す。

例:

レバレッジ20倍の時、5000ドル相当の円を証拠金として預託すると、5000ドル×20倍=10万ドルの取引が可能となる。つまり、証拠金は取引額の5%。

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、円高となって1ドル=115円になってしまったとする。 このときの収支は、

1ドルあたり115円-120円=-5円であるから、10万ドルでは50万円の損失である。
また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。
初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、初めの1/6となる。
実際には、途中でマージンコールの発生により追加証拠金の差し入れ(追証)を求められることがある。

上記と逆に、円安となって1ドル=125円になった場合は50万円の利益となる。 つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、およそ2倍となる。

[編集] 主なリスク

相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある。証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠金を請求されることもあり得る。
客から委託された証拠金を、自社の資産とは別勘定で信託銀行信託するといった保全管理をしていない業者の場合、破綻した際には預託していた証拠金が戻ることは期待できない。業者によって証拠金の管理方法が異なるので約款などで確認する必要がある。
金利の通貨を売り、低金利通貨を買う取引をする場合(記事執筆の2006年12月現在ではドル売り円買いなど、多くの円買い取引がこれに相当する)、スワップポイントの支払いが必要となる。スワップポイントはその通貨ペアを保有している限りついて回るので、特に長期売買の時にはスワップポイントの収支がバカにならない額になることがある。

[編集] 金融商品販売法の適用

本取引は、2004年4月1日施行の「金融商品の販売等に関する法律」(「金融商品販売法」)の改正により、「直物為替先渡取引」に該当することが明確になった。(金融商品販売法 第2条1項12号、同法施行令 第4条)

このため、業者はリスク等に対する説明義務が課せられる。説明が尽くされておらず顧客が被害を蒙った場合は、業者は損害賠償責任を負うことになる。(同法 第3条1項2号、第4条)

[編集] 金融先物取引法による規制

本取引は、かつては取引に関する法律(いわゆる「業法」)がなく規制もなかったために、多額の手数料を顧客から騙し取るといった悪徳業者が多発した。しかし、2005年7月1日金融先物取引法が改正されたことで以下の規制がかけられたことにより、悪質な業者は今後次第に淘汰されていくものと思われるが、過当競争状態になっている証券会社などでのトラブルや、本取引を騙っての詐欺事件が後を絶たない。

手数料やリスクなどについての表示を義務づけられた。
契約締結前、取引成立、証拠金受領時にそれぞれ書面の交付が義務づけられた。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

【金融商品販売法】

(国民生活センターのホームページの「外国為替証拠金取引と不法行為責任」で検討、解説されている判例)
"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E7%82%BA%E6%9B%BF%E8%A8%BC%E6%8B%A0%E9%87%91%E5%8F%96%E5%BC%95" より作成

裁定取引(さいていとりひき)
英語:arbitrage position)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘を稼ぐ取引のこと。

[編集] 概要

古くは、商業取引に端を発する。ある場所ではありふれていて安い商品が、ある場所ではきわめて貴重で高値で取引されていたとする。安いところで買い、高いところに持っていって売るというだけで、利益を得ることができる。

金融取引が活性化してくると、金融の世界でも同じような取引が生まれた。金利の低いところで金を借り、金利の高いところで貸し出せば、元手が少なくても多額の利益を手にすることが出来る(参考:レバレッジ。)

このような取引が行われる結果、価格(金利)の低いところは需要増大で価格(金利)が上がり、価格(金利)の高いところは供給増大で価格(金利)が下がる。次第に価格差や金利差は収斂していく。特に価格が収斂していくことを法則として、一物一価の法則という。

裁定取引の対象となるまでは、別の市場として別の価格がついていても、対象となれば収斂するので、裁定取引には市場の接続、あるいは拡張の効果があることになる。こうすることで、より必要なところへ必要なものが供給され経済の資源配分が効率的になる。

[編集] 関連項目

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%AE%9A%E5%8F%96%E5%BC%95" より作成

先物取引(さきものとりひき)

先物取引さきものとりひき)とはいわゆるデリバティブ(金融派生商品)の一つで、価格や数値が変動する各種商品指数について、未来の売買についてある価格での取引を約定(やくじょう)するものを言う。対義語は現物取引

目次

[非表示]

[編集] 概要

本来は、価格変動の影響を避けるための手段(リスクヘッジ)として利用されるが、価格変動を利用して利益を得るスペキュレーション(投機)取引というものがあり、今後の価格の上昇を予想して商品を購入し、実際に商品価格相場が上昇して売却した場合、またその正反対の場合には、差額を利益として得ることができる。

現物を持ち寄らずに、紙上や電子的に取引するため市場(いちば)よりも大規模な取引を行なうことが可能で、商品を取引する上での世界的な価格指標となる。

[編集] 証拠金取引

先物取引の一般的な特徴として、購入もしくは売却する代金丸ごとの現金は不要で、証拠金のみで取引が出来るというものがある(証拠金取引)。このため、株式信用取引などと同じように、大きな利益、大きな損失が生じやすい、投資額からみるとハイリスク・ハイリターンな取引。先物取引に関して、想像以上の損失をこうむってしまう投機家が多いのはこのためである。しかし、売買対象の代金丸ごとからみれば、価格変動は実態のある商品の需給に裏付けられているため比較的小さいリスクであるとも言える。

[編集] 取引方法

前提条件: 現物市場価格と先物市場価格は、常に同一(金利は捨象)

[編集] リスクヘッジ

条件 その1

1. 牧場では飼料トウモロコシを使っている。
2. トウモロコシは市場価格で購入している。
3. トウモロコシが1ブッシェルあたり3ドル以上になると赤字になる。
4. 年間に100万ブッシェル使用する。
酪農家は、来年のトウモロコシの価格が気になる。もし、来年の価格が3ドルを超えれば、赤字になってしまう。現状のトウモロコシ先物市場ではトウモロコシが2.5ドルである。そこで、酪農家は先物市場でトウモロコシを100万ブッシェル買う。250万ドルの支払であるが、証拠金取引であるため一部を証拠金として納めるだけでよい。受け取るのは「来年決済時点のトウモロコシ100万ブッシェル」である。
一年後、市場のトウモロコシ価格が4ドルになっていた場合
酪農家は、先物市場で買ったトウモロコシを売却する。このことで400万ドルの収入がある。昨年250万ドル支払った分の差額150万ドルと証拠金が返ってくる。差し引き150万ドル利益を得た計算である。一方、実際に飼料とするため現物市場でトウモロコシを購入する。単価4ドルで100万ブッシェル買うため400万ドルの支払である。先ほど、先物市場で得た150万ドルの利益と相殺して、差し引き250万ドルの支払となる。これで事実上、単価を2.5ドルに抑制できたことになる。酪農家が先物取引をしていなければ赤字となっていた。
一年後、市場のトウモロコシ価格が1.5ドルになっていた場合
酪農家は、先物市場で買ったトウモロコシを売却する。このことで150万ドルの収入がある。昨年250ドル万支払った分の差額100万ドルが証拠金から減額されて決済される。差し引き100万ドルの損失である。一方、実際に飼料とするため現物市場でトウモロコシを購入する。単価1.5ドルで100万ブッシェル買うため150万ドルの支払である。先ほど、先物市場で失った100万ドルと合算して、250万ドルの支払となる。これで事実上、単価が2.5ドルになる。酪農家が先物取引をしていなければ、より利益があった。

条件 その2

1. 農場ではトウモロコシを生産している。
2. トウモロコシは市場価格で売却している。
3. トウモロコシが1ブッシェルあたり2ドル以下になると赤字になる。
4. 年間に100万ブッシェル生産する。
農場経営者は、来年のトウモロコシの価格が気になる。もし、来年の価格が2ドルを下回れば、赤字になってしまう。現状のトウモロコシ先物市場ではトウモロコシが2.5ドルである。そこで、酪農家は先物市場でトウモロコシを100万ブッシェル売る。250万の受け取りであるが、証拠金取引であるため一部を証拠金として納め総額を受け取るわけではない。売却するのは「来年決済時点のトウモロコシ100万ブッシェル」である。
一年後、市場のトウモロコシ価格が4ドルになっていた場合
農場経営者は、先物市場で売ったトウモロコシを買い戻す。このことで400万ドルの支出がある。昨年250万ドル受け取った分の差額150万ドルが証拠金から減額されて返ってくる。差し引き150万ドルの損失である。一方、実際に生産したトウモロコシを現物市場で売却する。単価4ドルで100万ブッシェル売るため400万ドルの受取である。先ほど、先物市場で失った150万ドルの損失と相殺して、差し引き250万ドルの収入となる。これで事実上、単価が2.5ドルになったことになる。農場経営者が先物取引をしていなければもっと収益は多かった。
一年後、市場のトウモロコシ価格が1.5ドルになっていた場合
農場経営者は、先物市場で売ったトウモロコシを買い戻す。このことで150万ドルの支出がある。昨年250万ドル受け取った分の差額100万ドルが証拠金とともに返ってくる。差し引き100万ドルの利益である。一方、実際に生産したトウモロコシを現物市場で売却する。単価1.5ドルで100万ブッシェル売るため150万ドルの収入である。先ほど、先物市場で得た100万ドルと合算して、250万ドルの収入となる。これで事実上、単価が2.5ドルになる。農場経営者が先物取引をしていなければ、赤字であった。


このようにリスクヘッジ目的に先物取引をすることは、より高い利益を求めるためではなく、経営構造を安定化させるために行なう。一年後、価格がどうなるか分からない状況では計画が立たないが、先物取引を行なうことで見通しを立てることができるようになる。
なお、実際の先物取引ではほとんどの場合、期限前に反対売買をすることで差額を決済(差金決済)するため、現物が取引されることは稀である。(現物決済する場合、期限まで決済を待たなければならないため。)

[編集] 投機

投機家にとっては、先述のリスクヘッジ目的と違い、その商品が経営上重要なわけではない。商品価格を左右するような情報を手に入れ予測することで、先物取引を行い利益を得る。
取引手法はリスクヘッジ取引と同じで、先物の売却・購入をし期限前に反対売買をすることで差金決済する。投機が存在することにより、先物市場の取引規模は増大し流動性が高まる。また、大小様々な情報を価格へ織り込む役目を、結果的に行なっている。これにより、先物市場の有用性が高まる。
一方で、レバレッジを活用した巨額の取引により、価格を吊り上げたりする場合もあり、市場はしばしば混乱する。

[編集] 種類

先物取引には以下の種類がある。

また、類似の取引として外国為替証拠金取引が存在する。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

先物取引 - 金融広報中央委員会

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E7%89%A9%E5%8F%96%E5%BC%95" より作成


北浜流一郎の株リッチ放送局トップへ